研究内容

ノックダウン生命工学

1.遺伝子ノックダウンした細胞の高効率評価による核酸医薬探索

2.再生モデル動物を利用した核酸医薬評価系の開発

 

細胞画像を診断する人工知能の開発

3.がん幹細胞の画像ディープラーニングとその応用

 

新属新種の放線菌Flexivirga alba ST13Tの基盤研究

4.六価クロム汚染浄化法の基礎研究

 

リンク  

SPICE: RNA干渉する核酸の標的遺伝子予測と、その遺伝子情報を表示するウェブツールである。塩基配列解析の効率が大幅に上がる。研究室の大学院生が開発したソフトウェアであり、現在も維持管理している。ソフトウェアのアップデートは不定期にあり、情報は最新を保つようにしている(前述の学生が社会人になった後も協力をいただいています)。また、SPICEは学部学生の教育用に、核酸医薬を学ぶための教材としても利用されていて、医薬品コースと生命環境コースの学生は全員が使用体験する。